トップ  >  GDVバイオエレクトログラフィ
GDV(Gas Discharge Visualization)and Measuring Energy Feelds

■"GDV"とは
近年の科学技術の進歩による撮影技術の発達と、エネルギーフィールドの研究によって、再現性と撮影精度の高い安定した撮影技術である"GDV"(Gas Discharge Visualization)が開発されました。

"GDV"は、GDVカメラ、コンピューター、ソフトウェアを複合的に用いる科学を基礎にした機器と技術の総称です。GDVカメラはキルリアン効果をベースに、ロシアのサンクトペテルブルグ大学のコンスタンティン・コロトコブ博士によって開発されたものです。
コンスタンティン・コロトコフ博士は生物学的なエネルギーフィールドについての主要な提案者の一人です。

GDVの目的は、人間、動物、植物、鉱物、液体など、それらの多次元的なエネルギーフィールドをより正確に知ることです。"GDV" カメラとコンピューター、ソフトウェアの複合を用いるプロセスを通し、それは空間におけるエネルギーの流れと環境エネルギーとの相互作用の分布を描写的に表します。

デジタル処理される画像はソフトウェアを使用して、物理学や統計解析、東洋医学などの観点から解析ができます。"GDV"は、瞬間的なケースから、数十秒にわたるケースまで、複雑多岐にわたるフィールドの相互作用と、プロセスの記述をコンピューター制御により素早く正確に行います。

具体的には、生物、無生物から電磁界によって励起されるエネルギーと、気体放電により電磁界に増幅された光学的な放射をコンピューター情報処理を通して視覚化します。

■エネルギーフィールド
私たち人間とそれを取り囲む自然界は生体学的なエネルギーフィールドを帯びながら営みを続け、視覚的にとらえられるエネルギーの一部は一般的にオーラと呼ばれます。

より正確には、物理要素、感情や思考の要素、見えるもの見えないものを含めたあらゆるレベルの環境的要素、さらに電磁界の要素や重力場なども含めたフィールドのことです。

私たちは、フィールドとの絶え間なく続けられる外界とのあらゆる次元で複雑な相互作用を反映するフィールドそのものとシンクロしています。

フィールドは個と外界の環境プロセスとの相互作用がもたらす情報とエネルギーによって振る舞い、それは同時に私たち身体から放出される情報とエネルギーとの関係性を、空間に形成しています。

フィールドは、あらゆる他次元エネルギーの相互変換の情報を私たちに提供してくれます。

■バイオエレクトログラフィ
多次元の動的な相互作用を演じるフィールドを全体とする統合された宇宙の中で、ある対象を観測するためには瞬間的に世界を区切り個別化する必要があります。

ある瞬間の時空における、対象の状態を個別化し、視覚化する技術にバイオエレクトログラフィーがあります。バイオエレクトログラフィーとは生体が放出しているエネルギー(電子)を光として視覚的に撮影する技術です。

生体表面域に微弱にある電子や光子の移動を誘発させ、生体のエネルギー(電子、光子)を視覚的に認識します。高周波電場に置かれた物体の気体放電によって、縁に広がるように青紫色の煌めきや蛍光を映像化されます。

高い電磁界に生物や無生物が置かれたときに、蛍光や煌めきが出現することは20世紀からよく知られていました。

この現象はロシアの二人の研究者シモンとヴァレンチナ・キルリアンが、それぞれ独立して同じ現象を1930年と40年に発見しており、この高周波電場によって写真を撮る手法はキルリアン写真としてよく知られています。

発光現象が多くの研究者を魅了し続けるなかで、この現象をベースにユニークな手法や技法が使われるようになりましたが、本質的な原理は共通しています。

■分析方法
GDV(The Gas Discharge Visualization technique)は、キルリアン写真の技術を発展させたもので、リアルタイムで人間のエネルギーフィールド(オーラ)をモニターすることができます。

GDVカメラは人間や植物や液体、粉末や物体を、コンピュータによってモデル化します。人間の場合は両手の指先を読み取ることによって環境への生体の適応性と反応、精神や肉体や魂の機能を研究する進化した科学的ツールになります。

人間のパーソナリティ及び物質、エーテル、アストラル、メンタルの状態は指先とそのエネルギーフィールドからも参照することができ、経絡やチャクラ、五臓六腑、交換神経と副交感神経、精神と感情、心身の状況などあらゆる情報が読み取れます。

それぞれの臓器、マインドと身体の状態とその働きは、同時的に人間のオーラに影響を与えます。しかも、物理的な症状が現れる以前に、指とその周囲のオーラを読むことによって、身体的、感情的、精神的なエネルギー状態を確認することもでき、早い時期から根本的原因への対処ができます。

癌に対して、生体エネルギーのダイナミックな変化を評価することによって、即時的に結果を得ることができます。また、異なる種類の薬を服用することへの評価、エクササイズやメディテーションなどによって、人の健康や心理的、精神的な状態の変容を瞬時に測定することができます。

GDVの大きな特徴は、測定のプロセスが即時的かつシンプル、非浸襲なためクライアントへの負荷が少なく、リアルタイムに変動する自然な姿をありのまま捉えるのに適しており、科学的な再現性もあります。実際、このGDVの複合システムは世界中43カ国の科学者や医者、その他代替医療の従事者から診断ツールとして利用されています。

◆物質・材質の測定(マテリアル・テスティング)
 GDVカメラは周辺機器を追加することによって高エネルギー性を有する材質などの精密な測定も行えます。
生物学的な対象はもちろんのこと、高エネルギー性の水や個体材料(食料や飲料など)を測定し分析するアプリケーションも備えています。

測定プロセス中は材質の物性やエネルギー性に応じて大規模かつ広範囲に試験体の特徴的な形が現れます。たとえば、天然素材のエッセンシャルオイルと人工的なエッセンシャルオイルの比較テストがあります。それぞれ両方のオイルは、いずれも同一の化学組成と香りをしますが、GDVテクノロジーは互いのサンプルから統計学的に有意な差異を見出すことができます。

それと同時に、エッセンシャルオイルが人間のエネルギーフィールドに与える影響を分析することができます。これは、製品の組成や配合物についてのより洗練された分析手法であり、他製品との差別化につながります。

GDVバイオエレクトログラフィの別の分野のアプリケーションは、生態系にちなんだ栽培をした自然な食糧と、人工的な大量生産の食料の比較も行うことができます。高感度のGDVテクノロジーは食料の様々な栽培方法の違いという観点からテストをすることができます。

GDV技術は生産工程の領域で、商品の軽微な違いや商品サンプルの組成をモニターすることもできます。試験体の質が変われば、エネルギーフィールドの状態は変わり、GDVサイエンティフィックラボラトリーのようなソフトによる統計分析によって軽微な変化をトレースすることができます。

かつて、顕微鏡や望遠鏡、X線機器など、私たちに現実への理解の変化を与えた革新的技術のように、"GDV"技術とその応用よって、私たちはこれまでの視点を超えて、人間や自然への理解と深い洞察力を得ることになります。


■主な評価項目

・代替補完医療による生体の変化測定
・電磁場などの環境の生体への影響測定
・潜在的能力の評価
・チャクラの活性度とバランスの評価
・瞑想やリラクゼーションなどの効果測定
・意識状態の評価
・動物、植物、鉱物、液体の評価
・測定パラメータの統計解析
・生体の各部位のエネルギー分布
・東洋医学に基づいた身体の各器官・各組織の相関性とエネルギーバランス評価
・心理面の分析とカウンセリング
・外的ストレスに対する心理的な反応の評価

■GDV Energy Field

人間の10本指のGDV画像から得られる情報を基に、生体のエネルギー分布、変化を視覚的に解析します。

■GDV Diagram (GDV 図表プログラム)

中医学、東洋医学的手法を用いた解析ソフトにより、生体の各部位のエネルギー分布の評価、3種の総合評価の指標を見ることで総合的な評価を行います。

■GDV Screening (GDV 医学的検査プログラム)

東洋医学に基づいた各指のセクターと身体の各器官・各組織の相関性から身体のエネルギーバランスを詳細に解析します。

■GDV Atlas (GDV 図録プログラム)

GDV DiagramやGDV Screeningのソフトプログラムを基に、ビジュアルによる各器官や組織を評価します。各器官や組織を系によって分類されているので、系の理解がしやすい。

■GDV Scientific (GDV 化学的検知プログラム)

GDV画像のパラメータごとの評価および統計解析をおこなう
研究者向けソフト。動画撮影されたデータの解析では、
時系列でのパラメータの変化を視覚的に表すことが出来る。

■GDV Tolerance (GDV 解析プログラム)

GDV画像の各パラメータ評価をおこなうためのソフト。
各ユーザーにより評価指標を構築することができ、
様々な解析方法を行うことが出来る。

■GDV Qualification (GDV 解析プログラム)

人間の10本指のGDV画像から得られる情報を基に、
心理的な面を評価するソフト。メンタル面の評価により、
アスリートなどの潜在的な状態を調べることが出来る。

◆内容
・"GDV"バイオエレクトログラフィ撮影
・"GDV"エネルギーフィールド測定・解析
・"GDV"マテリアル・テスティング(物質の測定)
・"GDV"カウンセリング
*撮影画像や測定結果はE-mailにてお送りいたします。

◆撮影画像や測定結果のイメージキャプチャ

 







◆時間・料金
各種撮影・測定・解析・カウンセリング
<1回>
50分・・・ 8,000円

<2回セット(同日)>
50分×2・・・15,000円

◆申し込み時に必要な項目
1.お名前
2.測定の内容
3.ご希望の評価項目

◆場所
カウンセリングルーム MORIYA
〒302-0115
茨城県守谷市中央2-29-12 3F
つくばエクスプレス線・常総線 守谷駅 徒歩2分

■お申し込み・お問い合わせ
お問い合わせフォームにて1-4をご記入の上、ご連絡ください。
1. お名前
2. お電話番号
3. メールアドレス
4. ご希望日時 (第3希望まで)

セッション内容についてのお問い合わせも受け付けております。お気軽にどうぞ。
追って、ご連絡を差し上げます。
その他、ご不明な点があれば遠慮なくご相談ください。

■OFFICE
BREATH OF GREEN 
〒302-0115 茨城県守谷市中央2-29-12 3F
E-mail:office@breathofgreen.jp
HP  :http://www.breathofgreen.jp
カテゴリートップ
  メニュー一覧